トップ > アイドル > 広瀬すず(19)、映画最新作が大コケ いよいよ制服を脱ぐ時が来たか
伝説の「師範代」が中高年ゴルファーに捧げる実践レッスン!『大古清のゴルフ道場』
「暗号通貨」時代の到来


広瀬すず(19)、映画最新作が大コケ いよいよ制服を脱ぐ時が来たか

2017年11月16日(木) アイドル

1: 2017/11/15(水) 22:23:07.55 ID:gvqIApGG0 
これまで主役クラスの映画がことごとくヒットしていた女優の広瀬すず(19)だが、
最新作が思わぬズッコケだ。

先月28日にヒロイン役を務める「先生!、、、好きになってもいいですか?」が公開されたが、300館以上の大規模公開にもかかわらず公開2日間での興行収入は1億2700万円。
週末興行成績は5位スタートと振るわなかったが、その後も週を追うごとに8位、10位と続落……。

物語は生田斗真(33)演じる高校教師と広瀬演じる女子生徒のコテコテの禁断ラブストーリーながら、「もはや、飽きられてしまった設定なのか、大々的にPR活動をしていたにもかかわらず、関係者にとってはまさかの成績。来週はランク圏外でしょう。
最終的には及第点の10億円に届かない数字になりそうです」(映画関係者)。

広瀬といえば、これまで映画を中心に自身と同年代の高校生役を演じ同世代を中心に男性ファンを獲得してきたが、そろそろ“脱制服”の時期に差しかかっているという。

「昨年公開の映画『怒り』では米兵にレイプされる沖縄在住の女子高生を演じ、女優としての殻を破った。しかし、もはや制服での女子高生役は見飽きて限界に近い。そろそろ新しい道を模索しなければならないでしょう」(映画批評家・前田有一氏)

「もはや制服での女子高生役は見飽きて限界に近い。そろそろ新しい道を模索しなければならないでしょう」
(映画批評家・前田有一氏)

制服脱いだらタダの美人では先が心配であるが。

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/217616

no title


続きを読む

この記事が気に入りましたら
「いいね!」を押しましょう

 

この度は星の数ほどある情報サイトの中から、当ブログをご覧頂きまして誠にありがとうございます。

今後の執筆活動の励みになりますので、よろしければ「いいね!」をお願いいたします m(._.)m。


【必見!】今話題の情報 pick up!

人気記事 pick up!

コメントは受け付けていません。